大学入学準備~購入するもの~

一人暮らし/勉強/新生活/春から大学生/節約/講義、履修/
  1. ホーム
  2. 一人暮らし
  3. 大学入学準備~購入するもの~

大学入学はとにかくお金がかかります。
家探し引っ越しパソコン教科書などなど。

購入が必要なものは、大学に合格したのち届く資料に含まれるリストを見ればわかります。
学部・学科によって必要なものが異なりますが、共通するものもあります。

大学入学前のちょっとした事前情報、選ぶ際、購入時の注意点をご紹介いたします!

パソコン

絶対必要です。
しかし、ただパソコンを用意すれば良いというわけではなく、
最低限のスペックが指定されます。

理系ではパソコンでシミュレーションをしたり、プログラミングをしたり、
大きな容量を必要とするので最低限のスペックがなければできないことがでてきます。

教育学部では近年、大学推奨のパソコンがMacの場合が多いです。

パソコンに詳しくないのであれば
大学から配布される資料に記載されたスペックを確認してから購入するのが無難です。
また、大学生協で購入できる推奨のパソコンが紹介されるので
そちらであれば間違いありません。

プリンター

プリンターも購入が推奨される場合がほとんどです。
(少数ですが購入しない人もいます)

こちらも大学生協で入学時に大学推奨のものを購入できますが、
プリンターに指定のスペックはないので、電気屋さん等で自分で選んで全く問題ありません。

むしろ、使いずらいものを紹介されている印象なので、
私は自分で購入する方をお勧めします。

例として、私の大学で紹介されていたプリンターは

  • 小型というが、より小型のプリンターは山ほどある
  • インク節約というが、インク節約性能の高い別のプリンターは山ほどある
  • 安いというが、より安いプリンターは山ほどある
  • パソコンと連携して印刷設定ができないため、割り付け機能が使えず紙の無駄が多い

このような感じで、ベストは他にあると感じました。

私のお勧めプリンターはCANON-6000series-TS6030です。
(2021/02/13時点、Amazonで39,800円)
こちらは電気機器に詳しい父の勧めで購入したもので、メリットは

  • ディスクで配布されるドライバーを最初にインストールすると、
    スキャンした画像の編集や管理、印刷設定が楽に行える。
  • 割り付け等の設定が豊富で無駄なく印刷できる。
  • CANONの互換インクは多く出回っており、高価な純正インクを買わなくてよい。
  • すっきりしたデザインで小型のため一人暮らしの部屋でかさばらない。
  • はがき等の印刷も行えるため、大学卒業以降も使用できる。
  • 有線接続、無線接続両方に対応しておりストレスが少ない。

気に入って使用しているのがわかるかと思います。
生協お勧めのプリンターを見て疑問を感じるようであれば一考の価値はあるかと思います。

自転車

大学生協では自転車の販売も行われますが、
同じモデルを大量に売るため、とにかく見分けがつかないことになります。
また、購入のタイミングによっては気に入ったモデルが売り切れてしまうことも珍しくないため、
大学近くのホームセンターで購入するのがオススメです。

最寄り駅の駐輪場に大量に駐車された同じモデルの自転車から
自分のものを見つけるのは地味にストレスです。

教科書

大学で受講する講義によっては教科書、参考書が指定されます。

テキスト等を一切購入しない猛者も存在しますが、
課題、小テストの問題、中間テスト、期末テストの問題がここから
出題されることがほとんどなので手元にあった方が大学生活は楽になります。

しかし、大学で使う教科書のほとんどは専門書であり、多くは高価(5000~)です。

教科書を安く手に入れるために
まずはAmazon等の通販サイトで中古本をチェック
してください。

ないものもありますが大分教科書代を削減できます。