大学生の一人暮らし~部屋選び~(安全に住むために必要な条件は?)

一人暮らし/春から大学生////
  1. ホーム
  2. 一人暮らし
  3. 大学生の一人暮らし~部屋選び~(安全に住むために必要な条件は?)

春から大学生の皆さん、大学生になる娘息子がいる親御さん、
大学生ってどんな部屋に住むのが普通、一般的なのか、
気になる方も多いかと思います!

そんなちょっと気になる皆さんに大学生の部屋選びの普通をご紹介いたします!

家賃は地域による

当然ですが家賃は地域によります。
田舎の同じ県内でも1,2万は変わるので賃貸物件サイト等で
最初に相場を調べておくと部屋選びの基準としてわかりやすいです。

相場を調べずに「家賃は5万まで!」等決めてしまうと
女子大生が住むには不安なセキュリティになってしまったりするので
親御さんがまず、最低限必要なセキュリティと、
それにかかる家賃相場を把握しておくに越したことはありません。

一般的に最低限とされる条件

男子大学生、女子大生に共通なのは

  • 風呂・トイレ別
  • エアコン付き
  • 室内洗濯機置き場

です。
この設備のない友人宅は見たことがありません。

女子大生の場合

  • 外せない条件:2階以上
  • 極力あった方がいい:オートロック

です。
部屋に入る様子が外から見える作りのアパートは防犯面で不安です。

私は友人(女子大生)と個室ありのルームシェアをしていて
他の友人より恐怖なく暮らせているのですが
知らない人が誤ってインターホンを鳴らすだけで警戒心と不安が急上昇します。

というのも、大都会でなくともアルバイトの帰りに
しつこくなんぱされることは全く珍しくないですし、
そういった出来事があると「後をつけられているのではないか
という恐怖を感じるからです。

部屋を借りる前に1人暮らしにあり得る防犯トラブルを知っておきましょう。
私の体験談ではないですが、

  • 忍び込まれた
  • 窓からのぞかれていた
  • 部屋に入るタイミングを狙われ押し入られた

等の事件はいくらでも出てきます。
例としてこちらにニュースをご紹介します。

あると便利な設備

部屋はすっきり綺麗に見せられるならそれに越したことはないです。
また、片づけやすいと生活が楽になります。

暮らしやすい生活に役立つ設備

  • 独立洗面台
  • 大きな収納
  • 部屋に張り出していない収納
  • 広めのキッチンスペース

です。

大学生の一人暮らしの場合大体ワンルームかと思いますが、
生活必需品(洗剤、トイレットペーパー、お風呂用品、食材等)と
私物(勉強道具、本、服等)は
置き場、収納スペースが分かれているととても整理整頓、管理がしやすいです。

独立洗面台と広めのキッチンスペースで生活必需品を、
寝室兼リビングに私物を置く、
のように分けると部屋がすっきりします。

収納の形状について、大きい方が物が入りますが、
張り出していると部屋が狭く、ごちゃごちゃしているように見えるので
そこも注意するとよいかと思います。

安く部屋を借りる

色々理想はあっても家賃が高すぎては生活が圧迫されしまいます。
上記のように選ぶのもよいですが、
別の選択肢にルームシェア学生寮があります。

ルームシェア

私の場合、最初は大学の学生寮で生活していましたが、
二年次からは友人ができたのでファミリー用の部屋を借りました。
いわゆるルームシェア用物件ではないですが不動産屋さんと相談すれば可能です。

このパターンは男子大学生では結構よくあり、友人にもいます。

次に、ルームシェア物件で知らない相手複数人で暮らす場合です。
こちらはなかなか精神的なハードルが高いかと思いますが、
綺麗で新しい物件に設備付きである場合が多いため
コミュニケーションがストレスにならないならオススメです。

外国人の方がいる場合もあり、良い経験になると思います。

学生寮

大学の学生寮は破格の値段です。
家賃、水道光熱費、食費が合計3万円になることも。

ただし、家計基準を満たしている人達での抽選となり
入寮できない場合もあります。

また、安いだけあって、汚い、寮内ルール・文化など
受け入れがたいこともあるので注意が必要です。

特に女子大生は未だ大学生に占める割合は低く、
理系の場合男子定員300に対して、女子定員20のような比率になることもあるので
よく確認しましょう。

全体の設備費、生活費を抑えるポイント

物件を借りて1人暮らしするのにかかるお金は
家賃の他に注意点があります。

  • 家賃と別に設定される管理費
  • Wi-Fi設置、利用費
  • ガス代(都市ガスが安い)
  • 駐車場の有無、料金

管理費,Wi-Fi設置、利用費はそれぞれ毎月5000円になってしまう物件もあれば
どちらも無料の物件もあります。

結構大きな額なのでよく確認して納得のいく物件選びを~!

また、1人暮らしの費用といえば食費などその他の生活費も外せません。
こちらについては下の記事で説明しているので気になる方は
参考にしていただけると幸いです。